漫画や釣りの情報など





IMG_20180718_182130648.jpg
暑い日が続いていますので
こまめに水分を取ることを心掛けて
います。

天気予報を見ると暑さが続くようですので
気をつけてゆきたいものです。

手に入れた雷魚ロッドを持って出かけてきました。

雷魚ロッドを探すときに気が付いたのですが
雷魚ロッドでも大場所的な場所など川や遠投が必要な
ポイント向けのモデル、また水路などのクリーク向けと
呼ばれるタイプがあるようです。

その他、いろいろなポイントや魚に対応させるために
細分化されているようですね。

なのでロッドを選ぶときには迷いました・・。

流雅が半額だったのでこれには飛びついてしまいましたが。

以前の記事に書いた通りラインの太さの関係で6000番台のアンバサダーが
ほしいと思っていましたがAmazonで1万円台で6500番が売っていたので
銀と金のコンビネーションがかっこいいと思い決めました。

6500Cロケットです。
かご釣りで有名なモデルのようですがお店のおおのさん
でも以前販売されていたようですし雷魚にもかなりよさそう。

IMG_20180712_210449430.jpg

CSではなくCロケットを選んだのには理由が少しあり、
CSはCロケットよりも重さが30gほど重いんです。

タックルを少しでも軽くするために30g軽い方を選びました。

Sがつくモデルはアブの特殊な仕様がされてあるモデルだと
いうことをネットの情報でみたことがあります。

5500CSロケットと6500Cロケットの飛距離はスーパーギア
やベアリングをヘッジホッグさんのベアリングにすると
あまり変わらない気がするので(CSロケットの方が飛距離が
出ている感じはあります。)

CSとCロケットの違いは具体的にどこなのか分かりませんが
30gくらいの重さの違いが出る何かが違うようです。

フレームなどの材質に強度に違いがあるのではないかと
勝手に思っているのですが分かりません。

ハンドルはパワーハンドル100mmにカスタム!
Amazonで2000円台でした。

IMG_20180713_221736858.jpg

EVAの太いノブでがっちり巻けます。

とりあえず流雅とPE10号(山豊テグス PEタフゲーム)を巻いた
6500Cを持って出撃です。

PE10号は開拓しながら釣りをするときにハスがあるいわゆる
ヘビーカバーのポイントがあるかもしれないので10号を
選びました。

PEタフゲーム10号は80m巻き(1500円位)ですが、
6500Cロケットにナイロンライン下巻きをして巻くと60m~70mは
巻けました。

日が暮れる前、夕方頃の釣行です。

結果、流雅でキャッチすることができました。
バホッという派手なバイトでした。

フロッグはチューニングしたラッティーツイスターの
フロッグです。

DSCN2826.jpg

サイズは60半ば位です。
ナイスフィッシュ。

ずっしりとした雷魚のファイトに専用タックルでの釣りは快適でした。

DSCN2832_2.jpg

NEWタックルと2ショット。

ナイスフィッシュで入魂完了!

きれいな雷魚でした。ありがとう!

ナマズ釣りをしていて思うのはたまにネストと呼ばれる
産卵床を守る雷魚と出くわすことです。

二匹ペアリングをしていて背びれを出していたりするので
分かります。

ナマズ釣りをしていて雷魚の黄色味のある卵がついている水草が
掛かることもありました。

こういう経験もあり、なるべくかかった水草は戻した方
がよさそうだと思いました。

ナマズは産卵中はあまりかかることがないように思いますが
雷魚の場合は、稚魚を守ろうと威嚇してヒットしてしまう事が
あるようです。

産卵中の魚を100%避けるという事は難しそうな気がしましたが
ネスト中の雷魚というのはどういうものなのか勉強しました。

この動画様で解説されてあります。



Youtubeでいつも楽しく見ているチャンネルなのですが
あえてネスト中の雷魚のルアーへのアタックはどういうものなのかを
雷魚が掛からないようにフックを曲げて検証されています。

あとは模様がやけにくっきり綺麗な雷魚はネスト中だという情報も目にしました。

よく分からないところでもあるのでいろいろ勉強しながら
釣りをしてゆきたいと思っております。

模様がくっきりした雷魚は数年前に水路で釣れたのですが
あの魚もネストだったのかな~と思うけどまったく何もない
ところでナマズ釣り中の出来事だし、そういう個体なのかもしれないし・・。

難しいところです。

少しづつ調べてゆこうと思います。



タックルを2タックルにしようとタックルベリーで
割と状態のいい格安中古ロッドを入手しました。

ゼニスの魚雷76です。

1万円しない価格にまた飛びついてしまいました。

IMG_20180718_173342095.jpg

魚雷!シンプルなネーミングです。

IMG_20180718_173409944.jpg

スレッドがはっきりとした緑でブランクスも明るいところで
見ると緑がかっています。

これも7.6ft。

PEは8号までと表記されてあるので流雅76よりも柔らかいかなと
思ったのですが同じくらいか流雅の方が柔らかいか、という印象です。

自重は290g。流雅は245g。

45gの違いがあります。先重りもなく、がっしりとして
カバーなどのゲームにも活躍してくれそうです。

ひしも72MLも気になっていたのですが予算に合わなかったので
断念。

ひしもの緑のブランクスが好きなのですが茶系などもあるようですね。

中古ですしガシガシと使ってゆけそうです。

少し涼しい日にはこれを持って開拓をしながら釣りをしたいと思います。
魚雷で雷魚探し!です。

ヘビーカバー、ライトカバー用に流雅76には6500CロケットPE10号を。

ライトカバー、オープンウォーター用に魚雷76には5500CA、PE8号。

というセッティングにしました。

IMG_20180718_182130648.jpg

これでシーズン中、いろいろな水路や川などを巡ってみたいです。

長文、失礼いたしました。

近いうちにナマズくんにも会いたいです。

DSCN2832_2.jpg

スポンサーサイト
 雷魚  0  0
コメント
コメントの投稿
トラックバック
トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)