ボート釣り、奇跡のダブル50UP

DSCN2749.jpg
ナマズ釣りに足を運んでいますがナマズの姿を確認はできるものの
なかなかヒットしてくれません。

ボイル音を聞いたので捕食をしているナマズはいるはずなのですが
6月の産卵期に入ったのではないかと勝手に推測しています。
以前の記事に産卵のピークがあると書きましたが
5月のピークがあって今が6月のピークなのではないかと思っております。

シャロ―もチェックしているのですが産卵行動をしているナマズは
確認できません。

5月よりもちょっと深いところで産卵をしているのではないか、そう思うのですが
鉄板ポイントでルアーを引いていると5月の産卵ピークの時のように
見切っていくナマズの姿を確認しました。

スピナーベイトにアタックしてくるナマズもいたのですが産卵ピークだな
と思った時期よりも少しだけ前の事です。

そろそろ反応してくるナマズが出てくると思うので近々ナマズ釣りに
行ってみたいと思います。

ナマズが釣れていないそんな中ですが、トップウォーターバス釣りの
計画を以前から友達と立てていました。

友達がボートを出してくれるというので楽しみに。

トップタックルを用意していましたが別にトップ下での釣りを
しても構わないよと言われていたのでトップ用プラグから
アンダーウォーター用ルアーを用意してこの日を待っていました。

前日に打ち合わせを済ませていましたが天気予報で雨の心配が
あるので大雨にはならないようにと願って就寝。

とうとう当日!

外を見るとパラパラとした小雨。

時折やや強くなったりしています。

この段階では釣りになるだろうと待ち合わせをして
釣り場へと向かいました。

ボートを二人でよっこらしょ、と運んでボートを
入水させます。

雨もあまり強くなく、むしろ気候的には暑くなくて
いい感じです。

エレキで進みます。

おかっぱりで撃たれているであろうポイントから探りますが
反応はなし。

ふとボートに積んでいたロッドを見ると珍しい訪問者が。

DSCN2738.jpg

アマガエルでした。

こちらをみていて可愛い表情。

魚に食べられないことを祈って水面に放すとスイスイ
泳いでいきました。

その後釣りを再開。

葦際をまずはバズベイトで撃ってゆきます。

アタリがないね~、と話をしていましたが
友達からはそれがトップの釣りだから
ワンバイトあればいい方だよ。
という返答が。

しかしそれをいい意味で覆す釣行になりました。

結果は記事の後ほど。

自分はトップの釣りから層を下げ、バズから
得意なスピナーベイトに切り替えます。

ボートを流していって怪しい葦際を見つけます。

ここは相当前になりますがT君が40アップのバスを
ヒットさせたピンスポットの付近です。

パラ葦があり、その脇をバイブラシャフトで通します。

岬状に張り出した葦脇を通り過ぎた瞬間、

ドン!

というティップが大きく入るバイト!

フッキングします。

きたよー!
そう伝えてファイトを開始!

まず葦から離して強引に巻きます。

川の真ん中まで泳がせるとエラ洗い!
久々の感触です。

ランディングのためにネットを友達が持って
構えてくれていますがボートの下に潜る強烈な引き!
さすが川バス!

ロッドがかなり曲がりましたがその後は浮いてきてくれます。

浮かんでくる魚体がでかい!

無事にランディングしてもらいました。

DSCN2747.jpg

サイズは51cm。お尻がまだ赤く、お腹がへこんだアフタースポーンの魚でした。

DSCN2749.jpg

迫力があるナイスフィッシュでした。

DSCN2744 - コピー

雨が降りしきる中の釣りですがなんとかキャッチ。

あとは船長が釣ってほしいところです。

友達はトップオンリー。

さらに進みます。

また葦際を狙っていきます。

これ以上進んでも実績がないという辺りを
通過したのですがものは試しに進んでゆきます。

何気なく友達がキャストしたルアーを見たのですが、
緑っぽい影が水面下から浮かんできてフッと沈んでいます。

今きてない!?声をかけます。

よそ見していたようでしたが気付いてフッキング!

フッキングが決まります!

ヒット!

友達のロッドがぐんにゃりと曲がっています!

これもでかい!
ボートの下へ潜ってロッドをグイグイと絞ります。

浮かんでくると凄い体高。

慎重に寄せたあと自分がネットでランディングしました。

よかった~。二人でキャッチ成功。

サイズを測ってびっくり。

DSCN2761.jpg

50アップ!この魚も約51cmありました。

ダブルで50アップ捕獲成功です。

これには、よっしゃー!と握手!

なかなか反応がないですが出ればでかい。
そんなイメージのあるフィールドですが船内2本50アップが出たのは
この短時間内でキセキのような最高の釣果。

その後怪しい水門周りなどを撃ちますが反応は得られず。

自分はペンシルでの釣りに切り替えてアクションを
教わりました。

まだまだ進めそうでしたが引き返します。

帰りながらペンシル、スピナーベイトを引きましたが
反応はなし。

ワームを使えばもっと反応が得られたかもしれないと
いうポイントもありましたが今回は主にトップでの
釣りなのです!

スピナーベイトで釣った自分はちょっと反則ですが
釣れたのでよしとしましょう。(笑)

ボートを引き上げる頃雨が止んでいます。

大満足の釣果で帰路に着きました。

朝から10時頃までの釣り。
ナイスデイ、ナイスフィッシングな一日でした。


タックルデータ

ロッド アウトフィッターズハンドル+B.P.S-3 5.2ML
リール アブガルシア アンバサダー4600C4
ルアー スタンレー バイブラシャフト 3/8oz
トレーラー ハイドアップ スタッガ―オリジナル 4インチ グリパン/ブルーF
ライン サンライン クインスタ― 25lb

ロッド グラスアイ Pタイプハンドル+
ブライトキャスタースティック1502
リール アンバサダー4600C4 ELITE
ライン 船釣り用PEライン 6号

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.
Leave a reply