深夜のナマズ探偵、調査開始

IMG_20180614_234203846.jpg
ある日、ナマズのデイゲームに行っていたのですが
暑さのせいか反応を得られず。

しかし地元の農家の方から話しかけられた時に
有力な情報を入手しました。
「何釣りなの?ナマズ釣り?ナマズだったらまだ明るいから
釣れにくいと思うよ。狙うなら橋下とか土管とかだな。
この間の朝、あそこの水路で魚がガボガボやってたぞ。
鯉かなと思ったらナマズでこ~んなでかかったんだ。」

「そうなんですか!それはいつ頃の事ですか?」

「1週間くらい前かなあ」

「ありがとうございます!」

それはいつ頃の事ですか?という質問が
自分で言ってみて探偵っぽかったので(笑)
夜に調査してみることにしました。

ちなみにこの日のデイゲームは一向に反応はなし。

深夜のナマズ探偵、調査開始!(笑)

まず初めの水路へ。

暗闇ですがいつものように星がきれいに見えます。

ルアーをセットして暗闇の中水路を進みます。

しかし昼間みていた通り、濁りがいくらかあり、
まず魚影を確認するためライトを照らしながら進んだものの
魚の姿はなし。

しかし流れ込みのある土管があります。
1級ポイントです。

セットしていたルアーはフロッグ!
チューンしたガマガエルポップです。

土管の真ん前にそっとキャストするとポチャッと小さな
着水音で水面に落ちました。さすがフロッグ。

その瞬間。

スッと音もなく沈むフロッグ。

フッキングが決まりました。

暴れないうちに一気に近距離勝負で抜き上げた
瞬間、ナマズが草の上に落ちてしまいました。

危なかった~。と思い、魚を確認してみると
丸まった状態。

おかしいなと思っていたらチューニングガマガエルポップ
のフックを取り付けしたアイのリングがすっぽ抜けて
いました。ナマズはたまに尻尾でフックを外そうとするので
口と尻尾にフッキングした状態・・。

これで水中にナマズが落ちていたらかわいそうな
事になっていました。

すまん。そう言いながら尻尾のフックを外し、口のフックは
自然に外れました。よかった~。

IMG_20180614_234054240.jpg
サイズは57cmでした。

IMG_20180614_234128744.jpg

しかし口のフックが自然に外れてしまったので草の中で
見失うことに・・。(;^_^A

ナマズ探偵だけではなくフックも真夜中に探偵することに
なってしまいました。(笑)

最初に魚にフックが付いてないことを確認してネットで
蘇生させて草を落とし、リリース。

プリの魚だったのもあり早めのリリースを行いましたが
元気に暴れて戻ってゆきました。

その後なんとかフックも見つけ、一安心。

アイの部分のループの接着は頑丈にするために
もっと厳重に糸を巻こう、そう思ってから水路を進みます。

最奥の方でガボッ!というボイル音を確認。
かなり大きめのナマズがいる気配です。

農家の方から噂に聞いていた通り。

しかし近づくとボイル音は聞こえなくなり、
魚の気配を感じなくなったころ、別な水路へ移動です。

いつもの水路なのですがここでも大きなボイル音が。

ライトを当てるといつもよりも魚影は薄い感じです。

魚影は少し前よりもかなり少ない感じで
たまに回遊しているナマズが見えます。

でも活性が低めで昼よりも活性はあるものの
冷え込みのせいで前よりもナマズがエサを求めて浅場に
さしてきていない感じでした。

吐く息が白い・・。ジャケットを着てもちょっと寒いかな、
という感じの印象の気温です。

情報に聞いていた水路では65cmくらいの大型ナマズの姿も
確認しましたが、フロッグでワンバイトあったのみで
調査終了となりました。2本目標でしたがこの状況では満足です。

昼と夜の気温差がありすぎてナイトゲームでも反応が
あまりよくありません。

朝行ってみるとどうだろうと思っているので朝行けるときには
行ってみようと思っています。

昼暑く、夜寒い状況では朝にちょうどいい気温になっているのでは
ないかとちょっと作戦を練っています。

朝ナマ、楽しそうです。

また出かけてみます!

タックル
ロッド グラスアイ BFF662L
ハンドル グラスアイ エルゴノハンドル+セミダブルコルク
リール アブガルシア アンバサダーファクトリーチューン 5500CA
ルアー がまかつ ガマガエルポップ パンプキングリーンレッドラメ(鯰チューン済)
ライン 船釣り用PE6号
リーダー 鯰リーダー(熱収縮チューブチューン済)


番外編

フロッグにケミホルダーを付ける際にお役立ちアイテムを
発見したのでちょっとご紹介を。

フロッグにつけた瞬間接着剤を一瞬で固め、接着も固くする
こんなスプレーがあります。

IMG_20180614_184021101.jpg

アルテコ スプレープライマーです。

これをフロッグの背中につけたケミホルダーの
接着部に吹いただけで一瞬にして固定され動かなくなりました。

フロッグにケミホルダーを付ける際、すごくお役立ちな
アイテムだと思うので記録してみます。

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.
Leave a reply