深夜の釣行へ再び

  • 2
  • 0
IMG_20180607_001701003.jpg
夜にこの間友達が爆釣状態になった水路へ今はどうなっているか
様子を見に行きました。

風もなく暖かい夜です。
状況が変わってなければ釣れるはず。

ルアーはジッターバグをつけて水路を歩きます。

一度撃ったところの水色を確認するとなかなかいい感じ。

今日のナイト釣行は珍しくネットを携帯しての釣りです。

やはりネットを使うと足場の高いところでも魚を蘇生させ
安心して魚をリリースできるので夜でもなるべく持って歩く
事にしました。

いつも好調で今年名付けた通称「ナマズの家2」土管から探って
ゆきますが反応はなし。

次は流れ込みを撃ちます。

次はまた土管を。

バシャーン!と驚いて逃げる大型のナマズ。

今夜もやはりいるようです。

その後土管の奥までキャストしますが
まだ魚がいるようでヒットはしませんが
水面が動きます。

その後は反応なしでどんどん歩きます。

土管をまた撃ちます。

バシュッ!と反応がやっと出始めました。

リトリーブしてくるとバホッ!とルアーが
沈みます。

ヒット!

キャッチしました。

IMG_20180607_001113318.jpg

AHPLのスタッズベルトがエルゴノハンドルのキャップ部に
つけると緩かったのでコルクのグリップに装着しています。

サイズは50cmくらいでしょうか。

嬉しい一本。

ただ口周りがかなり傷ついていました。
今までシングルフックでそんなに傷ついたことが
なかったのですがネットに入れ綺麗な水で
しばらく蘇生させました。

IMG_20180607_001701003.jpg

こういう時にもネットは大活躍ですね。
体についた草も落ちました。

その後すぐにリリース。

ありがとう!

友達が連発した流れ込みにはこの日はついていませんでした。

4,5バイトはとれました。1時間半くらいの釣りで1キャッチです。

さすがにスレてきた感じです。

帰り際もライトで水辺を照らして歩きましたが
魚影は濃く、わりと小さ目のナマズしかいませんでしたが
何匹もナマズを確認できました。

しばらくしたらまたここに出かけてみたいと思います。

タックル
ロッド グラスアイ BFF662L
ハンドル グラスアイ エルゴノハンドル+セミダブルコルク
リール アブガルシア アンバサダーファクトリーチューン 5500CA
ルアー アーボガスト ダイワ ジッターバグ トワイライトチューン
ライン 船釣り用PE6号
リーダー 鯰リーダー熱収縮チューブチューン

関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

There are no comments yet.

style  

すれた中でのキャッチ
さすがですね!\(^o^)/
おめでとうございます~♪♪

AHPLのスタッズ、
グリップのエンドに付けるの
いいですね!p(^-^)q
コルクグリップなのに雰囲気が
ガラリと変わってますよ!(^○^)


2018-06-11 Mon 12:17 EDIT REPLY
seiyou

seiyou  

ありがとうございます!(*^-^*)

なんとかキャッチ成功です!(^O^)/

AHPLのスタッズ、グリップエンドにしか
付ける位置がなかったのですが結果的に
いい感じになりました。(*^▽^*)

スタッズでグラスアイのロッドの雰囲気がまた
変わりました。(^v^)

ありがとうございます。(^-^)

2018-06-11 Mon 20:31 EDIT REPLY
Leave a reply