漫画や釣りの情報など





IMG_20180506_153733207.jpg
GW終盤、ナマズ釣りへまた繰り出してきました。

最初のポイントは通称「爆釣ポイント」へ。

ここはまだ濁りがきついようでヒットはなし。

それではとこの間釣果が出たポイントへ。


濁りはや収まってきていますが水深が浅くなって
きています。

水深がいくらかある辺りを狙って釣りしてゆきます。

いつもナマズがついている少し前も60cm以上のナマズが着いていて
バイトしてきた通称「ナマズの家」ピンスポットも
探りますが無反応。

ナマズが入れ替わり立ち替わり入るピンポイントで
一度ナマズがバイトしてから10分後にまた違うナマズが
ヒットしたことがあるピンスポットです。

かなりの確率でナマズがいるので「ナマズの家」
という愛称をつけました。(笑)

土管を攻めてゆきますが小さ目のナマズの反応が
ありましたがバイトしてこず。

少々まだ濁りが残っており、もうちょっと濁りが
収まって水位があればベストコンディションです。

交差した水路を狙います。

少し前は雷魚の姿も確認しました。

激浅のポイントです。

暗くなってからか夜の実績が高いのですが
ナマズは潜んでいるはずです。

オーバーハンドで大きく狙ったりピッチングで
いそうな葦脇を探ってゆきます。

反応は薄い!

時々鯉が土煙を立てて逃げてゆきます。

対岸側に波紋が立ったのに気づきました。

このポイントで以前釣った時も波紋が立って
狙ってみるとナマズでした。

しかし土煙が立って鯉が逃げてゆきます。

鯉かな?

しかし念のためルアーをキャスト。

その時ブワッと浮かび上がってくるナマズの姿!

キャタピーをチェイスしてきます。

バフッとアタック!

しかし見失ったかこちらの影に気づいたのか
ボトムへと去ってゆきました。

もう一度同じピンポイントへ同じコースで
ピッチングします。

またナマズのチェイス。

同じ魚です。

コポコポとキャタピーの音でアピールさせると
ルアーの位置を確信してバフッと食ってきました!

ヒット!

そのまま近距離勝負で抜き上げ!

キャッチできました。

IMG_20180506_153719796.jpg

IMG_20180506_153938048 - コピー

やややせ型の雄のナマズでしょうか。

ナマズのスポーニングはこの地域では例年
5月中旬から6月中旬頃。

時期的にスポーニングを控えた個体だとすると先ほど
逃げた土煙は鯉ではなく雌のナマズかもしれません。

片方の髭がなく、以前T君が釣ったナマズと似ています。

場所も近いので同じナマズだったらおもしろい
遭遇です。

その後タイムアップ時間が近いので帰りながら
対岸側、土管を狙ってゆきますが反応はなく、
GWナマズ釣りを終了しました。

今月中くらいにK君を誘ってナマズ案内を
する予定です!

いい釣りをしてもらいたいと思います!

IMG_20180506_153733207.jpg

タックルデータ

ロッド BFF662L
ハンドル エルゴノハンドル+セミダブルコルク
リール アンバサダーファクトリーチューン 5500CA
ルアー キャタピー グリーン/ピンク
ライン 船釣り用PE6号
リーダー 鯰リーダー熱収縮チューブチューン
関連記事
スポンサーサイト
   0  0
コメント
コメントの投稿
トラックバック
トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)