漫画や釣りの情報など





IMG_20180408_201634319.jpg
川へサクラ釣りへ、水路へナマズ釣りに出かけていますが
仲間が桜鱒を上げているものの自分には今のところ
ヒットはなし。

ナマズに関しては水路の水位が減水傾向で安定せず、
シーズンが逆戻りしたかのようにナマズも本流側へ
移動傾向にあるのか、気温も寒い日が多くこの間の
高活性の日はなんだったのかというくらいヒットはなし。


この水路の水深の状況ではナマズに行っても夜しかヒットは望めない
気がしているので桜鱒に集中しようかと思っているところです。

この間の記事にしました5500CAですが純正の2点式遠心ブレーキから
アベイルの4ポイントブレーキに変更しました。

試し投げに行ってみたのですが相変わらず、普通のメカニカルブレーキ設定では
バックラッシュしてしまいます。

設定はメカニカルをややきつく締めるとバックラッシュはやや起こらない
状態です。

この状態だとルアーを垂らした時に落ちないのでピッチングが
難しいのではと思いますが勢いをつけてピッチングすると
けっこうルアーが飛んでゆきます。

やはり5500CAはピーキーですね。

しかし4ポイントブレーキにして、メカニカルをきつめに締めておけば
問題はなさそうです。

この設定がオーバーハンドもピッチングも両方なんとかできる
感じの設定です。

使いこなせていないというのが正直な感想なのですが
使っているうちに馴染んできてくれるのでは、と思って
おります。

ベイトタックルに関して計画を立てていることがあります。

それは桜鱒、シーバスのタックルに関してベイトを使ってみたい
という事です。

昔シーバスはボートでベイトタックルを使ったことがあります。

引きがダイレクトに腕に伝わって楽しい思い出があります。
連続でその時はヒットしたので腕が上がらなくなり
ヒーヒー言った思い出もあります。

桜鱒でもベイトタックルを使う人もいるようです。

桜鱒釣りのような長時間投げ続けている釣りはたまにタックルやルアーを
変えたくなるもの。

ベイトにたまに変えて使ってみると楽しいのでは!

仲間内のベイトタックルを見て思いました。

決して自分が釣られているわけではありません。(笑)

「桜鱒、シーバスタックルベイト計画です。」

ベイトリールは雰囲気でアンバサダーで決めてみたい。

たまにコンクエストもよさそう。

5500CAはピーキーなので飛距離が出ても川が混んでいる時のバックラッシュは
ルアーが流されてえらいことになりそう。

なので出番はこのリールでしょう!

IMG_20180408_201634319.jpg

チューニング済、5500CSロケットです。
チューニングに関しましてはこちらになります。
https://blueonebird.blog.fc2.com/blog-entry-583.html

サムレストをヤフオクで買って装備しています。
(キャスト時の飛び水対策で買いました)

わりかし飛距離とリールの回転がバランスがとれている
感じのリールなので大丈夫でしょう。

決して5500CAが合わないというわけではないのですが
まだ使いこなせておらず、このリールに関してはとりあえず今年のナマズ釣りで
様子を見てみようと思っております。

桜鱒、シーバス用ロッドを探したのですがチャンピオングリップに
カスケットのロッドを自作してセットしても楽しいかなと
思ったのですがサクラ釣りのように長時間竿を持たなければ
いけないような釣りではチャンピオングリップより比重が軽いほうがいいのでは、
ロッドも自作できるか分からないし。
そう思い、カーディフNXのベイトがいいかな、とちょっと
考えています。

狙いは中古のB77ML。

カーディフにアンバサダーをつけて川へスプーンを大遠投!

楽しそうです!

今年のこのベイト計画はシーバスから開始して桜鱒に関しては
来年のシーズンに使ってみようと思っています。

慣れないままぶっつけで桜鱒に使うともし掛かった時にランディングできるか
がリスキーなのでとりあえずシーバスから始めてみたいです。

こんな計画を立てております。

いつかこのブログでベイトタックルで上げた魚を
アップしたいと思います。(^-^)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック
トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)