白山眼鏡のメガネ

DSCN2680.jpg
中古で白山眼鏡(はくさんがんきょう)のメガネフレームを買いました。
新品は手が出ないですし東京しかお店がないようなので中古です。

現在の白山眼鏡のオリジナルフレームのモデルの元となったらしい
1975年に発売されたファーストモデルと呼ばれる
HANKという形の眼鏡です。

もうこれ以上のは欲しくない!と思えるメガネを
買って一生ものにしたい。

そう思い購入に至りました。

ジョニーデップなども掛けているという
タート・オプティカルも超絶に気になりましたが
どうせならメードインジャパンのものを選びたいと
思って思い切って決めました。

色は黒です。

ネットでレビューを探してもあまりなかったので
こちらで少しではありますがレビューしてみたいと
思います。

メガネに興味のない方は何も面白くない記事になります・・。
今回はサイズや使用感、実際に掛けた写真などもお送りしたいと
思います。

まずはHANKとはこんな形の眼鏡になります。

DSCN2671.jpg
ベーシックな感じの形ですが割とメガネの幅があります。

 DSCN2673.jpg
フレームの端の部分にこの形の飾りがあります。

 DSCN2672.jpg
テンプル内側に文字入り。

 DSCN2678.jpg
渋いですね。

サイズは自分の素人採寸でこんな感じでした。

テンプル部分:15cm
フレーム:最大幅15cm×高さ4,6cm
レンズ:幅5,2cm×高さ4,1cm

実際人が掛けている写真が少なかったので
アップしてみるとこのような感じです。

フレーム幅のある眼鏡ですが自分は顔に馴染む感じがしました。
顔の形、フレームが分かるようにしながらも名一杯顔隠し加工してあります(汗

正面
DSCN2670_f.jpg
フレームの端端が顔の横の幅めい一杯になる感じでした。
今までの眼鏡と比べると若干大きめな印象ですが自分の場合大きさがぴったり。
フレームの太さも絶妙で重くない印象です。

斜め
DSCN2656_f2.jpg 
斜めで見るともっと大きさを感じない感じです。

DSCN2657_f.jpg

眼鏡のツルもフレーム全体と同じく意外と細めです。


眼鏡屋さんでレンズを入れていただいたところ

レンズの高さ、横幅があるので重さが出てしまうかもしれない

ということでしたがレンズを交換しても重みはあまり感じませんでした。


いい買い物になりました。


最近買い物したものも含め

大満足して当分眼鏡を買わなくてよさそうです(笑)

DSCN2680 - コピー



こちらのブログ様も参照させていただきました。


【こだわり眼鏡】ワンランク上の眼鏡店『白山眼鏡店』紹介 - IMAGINATION
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.
Leave a reply