NEC LAVIE Direct DT SSD換装&パソコン諸々

IMG_20170726_202632361_HDR_1.jpg 
使用しているデスクトップパソコンが壊れ気味なので
新しいパソコンを注文しました。

NEC LAVIE Direct DTです。

本体型番はPC-GD326ZZA9という2016年秋冬モデルで、

価格ドットコムモデルのNSLKA730DT9Z1Wになります。
どうしても国産メーカーのパソコンを買い物したかったのですが(^^;)
Lenovoと合併しているようですね。

ちなみに以前のパソコンがデスクトップのLenovoのパソコンです。
使い始めて6年くらいになります。

純国産のパソコンというのはなくなりつつあるようですね。

気にはしていないのですが今回の買い物はNECに決定!

以前LAVIEのノートパソコンを使用していましたので懐かしい感じです。

今回のブログのテーマはCドライブのHDDをSSD換装することです!
画像を撮りながら進めてゆきましたのでその過程を記録してみます。

NEC公式サイトのSSD256GBの取り付け条件はHDDが1TB、3TB
のモデルのものと記載されてありますのでが今回ご紹介のSSD525GB
を取り付けできるのは不明なのですが1TB、3TBのモデルのみかもしれないと思います。

パソコンに取り付けできるかどうかはCrucialの公式サイト(Crucial System Scanner
で自動で判別ができます。


※今回の記事の重要事項です※

※始めはLAVIEを通常通り起動させ説明書通り再セットアップメディアを作りました。
SSDを装着してからそのメディアを使ってOS、ソフトなどをインストールします。

※再セットアップメディアを使うと空のデータの何もないCドライブに設定されたSSDも
OSのWindows10、NEC付属のソフトなども元通りになります。
私は再セットアップメディアをDVD‐Rディクスではなく、衝撃や傷に強い
使わなくなった外付けHDDで行いました。USBメモリーもいいと思いました。

※この方法を使うと後ほど記事中盤くらいでご紹介させていただきますブログ様の方法を
参照しないとSSD換装後、回復ドライブが作れないという事になりますので
回復ドライブも念のため、USBメモリーであらかじめ作っておいた方がよさそうです。

※このSSD換装を行うとメーカーの保証対象外になる可能性が高いと
思いますので長期保証などをされている方などは注意が必要です。

※今回は新しいパソコンのSSD換装になりますので今まで使っていた
パソコンをSSD換装するという趣旨、内容ではありません。


お世話になった今回のSSD換装の参照サイト様です。


さあパソコンもSSDも早速届いて取り付けを開始します。

SSDはAmazonで販売されているこちらのベストセラーモデル。

IMG_20170727_175834175_1.jpg 
Crucial [Micron製] 内蔵SSD 2.5インチ MX300 525GB ( 3D TLC NAND /SATA 6Gbps /
3年保証 )国内正規品 CT525MX300SSD1/JP

です。

LAVIEデスクトップの内部を開けるための蓋の開け方はとてもシンプルでした。
※静電気が起きないように金属をあらかじめ触って作業を行いました。

IMG_20170725_170039944.jpg 
裏側にあるこのねじを上下二つ外して横蓋をスライドすれば

片側の蓋を外せます。

SSDの取り付けは片側の蓋だけを取り外せば問題なく行えました。

IMG_20170725_170728854.jpg 
横蓋を開けるとこういう内部になっています。

正面から2つに分けてみるとこういう感じです。

IMG_20170725_172746722.jpg 
左側です。部品にLenovoの文字が見え、Lenovoの部品を
NECが使っていることが分かります。

IMG_20170725_172750521.jpg
こちらがHDDを含んでいる右側です。

上の部品が光学ディスクドライブ。
下の部品がSSD換装を行うHDD(1.0TBと書かれてある部品)です。


IMG_20170725_171226033.jpg
まず光学ディスクドライブに接続されてあるこのケーブルを二本、抜きます。
慎重にしましたが結構きつかったです。(^-^;

そっと力を入れて抜きました。

次に光学ディスクドライブをスライドしながら取り除きます。
(スライドにロックが掛かっていますが紫色の
プラスチックの部分を矢印方向に力を加えれば
取れた気がします。この辺り写真を撮っておらず
あやふやです・・。)

IMG_20170725_172713468.jpg
光学ディスクドライブを外したところです。
矢印の金属を矢印方向に力を加えると光学ディスクドライブがついていた
金属の部分とHDDが装着されている部分を本体から開閉できるようになります。


IMG_20170725_173050744.jpg
開くとようやくHDDが取り外しできるようになります。

金属とテープで電源ケーブルとSATAケーブルが固定されてあるので
テープを外して始めに取った横蓋にテープをつけておきます。
(テープはSSD換装をしてから同じように固定するため
また使おうと思ってそのようにしました)


IMG_20170725_173310250.jpg 
紫のケースに収められたHDDを取り外します。
画像上の金属部の穴に紫のつめのようなものが引っかかっているので
つめを押してこの辺りまでスライドさせます。

次に電源ケーブルとSATAケーブルを慎重に力をちょっと入れて抜きます。


IMG_20170725_173408285.jpg
無事に外せました。

今度はHDD(金属部分)を紫のケースから外して紫ケースを

オウルテック 2.5インチHDD/SSD用→3.5インチサイズ変換ブラケット 
ネジセット付き ブラック OWL-BRKT04(B)

を取り付けたSSDに装着します。

ブラケットはこちらです。
IMG_20170727_180111942.jpg 
このブラケットをCrucialのSSDに四点、付属の短いねじで止めても
電源ケーブルとSATAケーブルの位置、紫のケースの関係でSSDが
元あった場所に装着できなかったので
短いねじ2点止めにして位置を調整しました。

あとは元の通りにパソコンの内部を組み直していくだけです。
(何度も箇所箇所、写真を撮りながらの作業だとあとで楽です。)

組み直して電源を入れるとNECの文字は映りますがエラーという
文字が出ます。焦りますがここは落ち着いて説明書通りに
再セットアップメディアを使って再セットアップを行います。

時間はかかりましたが説明書の通りに再セットアップを完了させると
無事にデスクトップ画面が映るようになります。

IMG_20170726_202632361_HDR_1.jpg

しかし前の文章にあるようにこの状態で回復ドライブを作ろうとしても
なぜか失敗してしまいます。

その時に参照させていただいたのがこちらのブログ様です。


この通りにコマンドプロンプトを操作してゆけばUSBメモリーで回復ドライブが作れる
ようになります。

(ほんとうに感謝しました!)

回復ドライブは何かあった時のため大事ですよね。
LAVIE DTでは再セットアップメディアは一度しか作れませんが
回復ドライブはそうではないようです。

ちなみに取り外した1TBの内蔵されていたHDDは外付けHDDとして
活用することにしました。

そのために使うHDDケースはこちら。

Inateck 2.5/3.5インチ USB3.0 HDD外付けケース SATA(SATA-I/II/III)にサポート
 UASP超高速データ転送モードに対応 アルミ製

です。

LAVIE DT PC-GD326ZZA9のCドライブのHDDは3.5インチなので
対応しているサイズのこちらをセール価格でまたAmazonで注文です。

IMG_20170727_175907092.jpg 
取り付けはかなり簡単ですぐ終わりました。

取り付けをして今までの外付けハードディスクのデータを念のため移してバックアップ。

これでLAVIE DTのSSD換装作業が終わりました。

長かった~。(;^_^A

番外編

以前のLenovoのパソコンに入っていたwinDVD pro 12をLAVIE DTに
移して見ようとしてもどうしても見られないという状況におちいりました。

普通の録画DVDは見れるのですが、市販のDVDだけが見れません。
10秒くらいで、「使用しているディスプレイ環境は保護されているコンテンツ
の再生をサポートしていません」

という表示が。

Lenovoのパソコンでは普通のD-Subケーブルで接続していても
問題なかったのですがLAVIEだけ同じ端子で接続をしても
途中で止まってしまい再生ができません。

以前にダウンロードしたCPRMをインストールしてもだめ。

その場合、こちらのマイクロソフトのコミュニティーで解決策が
載っているかもしれません。


私の環境はLGのディスプレイでHDMI端子に対応しているモデルだったので
D-Sub端子ではなくHDMI端子にディスプレイの環境を変えれば
再生できるのでは・・と思い電気屋さんへ。

LAVIE DT(ディスプレイなし)に付属していたのは
DisplayPort-DVI-D変換アダプタというもの。

これを使ってディスプレイとデスクトップ本体のDisplayPortコネクタを
繋げる作戦です。

あらかじめLGのディスプレイの端子の形を確かめました。


IMG_20170727_093029071.jpg
こちらの右の空いているコネクタがD-Sub。今までこちらで繋げるとwinDVD pro 12
が見れませんでした。


IMG_20170727_094538007.jpg
こちらの左の空いているコネクタがHDMI。

というわけでミヨシのHDMI-DVI-D変換ケーブルを買い物してみました。
再生できるといいのですが賭けです。(^▽^;)

IMG_20170727_175955065_1.jpg 

これをLAVIE DTに付属していたDisplayPort-DVI-D変換アダプタと接続して
それをディスプレイのHDMIコネクタに接続、デスクトップ本体の
DisplayPortコネクタに接続してまたwinDVDを開きます。

無事に成功!再生できました。

ディスプレイ環境が対応していないというエラーメッセージだったのですが
ディスプレイ環境を変え、HDMIとDisplayPortでデスクトップとディスプレイの
接続を試みたところ見事に再生できるようになりました。



以上で新しいパソコンのSSD換装作業が完了しました。

SSD換装でパソコンの処理速度が早くなりかなり快適です。

絵を描くとき重い処理を行ったり長時間使っていると前のパソコンは固まって
しまう時があったのでいい変え時でした。

自分のパソコン忘備録としてもブログに記録してみました。(^-^)


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.
Leave a reply